2018.10.11 Thursday

本学教員が日本規格協会において標準化奨励賞を受賞

本学教員が日本規格協会において標準化奨励賞を受賞しました。

受賞者 理工学部 経営工学科 講師 安井 清一
受賞題目 標準化と品質管理に関する普及促進
受賞内容 ISO/TC69(統計的方法の適用)国内委員会委員として主に用語の定義を検討するISO/TC69/SC1(用語及び記号)、ビッグデータに係る統計的方法を検討するISO/TC69/WG12(ビッグデータ)等、ISO/TC69の重要なプロジェクトにおいて国内方針案の作成に尽力、エキスパートとして国際会議に出席し、我が国の意見を主張するなど精力的に活動を行った。WG3(データの統計的な解釈方法)においてはISO11453:1996(データの統計的な解釈方法ー第3部:割合に関する検定方法と推定方法)等の改訂のPL(プロジェクトリーダー)を務めるなど本分野の国際標準化に多大な貢献を行った。また、2017年に新設されたISO/TC312(エクセレントインサービス)の国内委員会へ委員としても参画しており、今後、一層の活躍が期待される。
受賞日 2018年10月5日

日本規格協会のページ:https://www.jsa.or.jp/

安井講師のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3981

ページのトップへ