2018.09.18 Tuesday

ソフトボール部が全日本大学選手権大会でベスト8

2018年8月31日~9月3日まで石川県小松市で開催された、全日本大学ソフトボール選手権大会(通称インカレ)において、ソフトボール部がベスト8に輝きました。当部のベスト8は、創部(1977年)以来4度目の快挙となります。今大会においては、第1回戦で九州産業大学を3対1、第2回戦では福岡大学を同じく3対1と九州の名門・強豪大学を撃破してのベスト8進出となりました。準々決勝では、中京学院大学と対戦し、何度かチャンスを作りながらも、6回まで0-0の緊張感あふれる投手戦となり、7回表にソロホームランを浴び、0-1の惜敗となりました。投手・石崎(工学部第二部経営工学科)は6回までノーヒットノーランの好投でしたが、あと一歩のところで力尽きました。

対戦したすべてのチームが推薦制度を利用し、全国有数の選手が集まってきているスポーツ強豪校であり、その激戦を勝ち上がり、ベスト4目前の戦いをしたことは、実力主義の本学において、快挙としか言えません。今後もぜひ日本一のロマンを求めて鋭意努力を重ねるソフトボール部を応援いただけますようお願い申し上げます。

 
 

ページのトップへ