2018.09.18 Tuesday

本学教員らが行った地震・洪水複合災害の再現実験についてNHK「時論公論」が解説

本学野田キャンパスで、理工学部 土木工学科の二瓶泰雄教授らが行った実験水路を用いた堤防決壊実験の映像が、NHK『時事公論』の解説とともに用いられました。

二瓶教授ら研究グループは、世界でも珍しい、本研究室の「地震・洪水複合災害用実験水路」を用いて、1948年福井地震とその後の豪雨の再現実験を行いました。今回の実験によって、より地震と洪水に強い堤防の開発や、被害を正確に推定するためのデータ収集が進められています。

■放映テレビ局
9月13日 NHK『時事公論』
番組HP:「連続する災害にどう向き合うのか」(時論公論)

二瓶研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/hydrolab/
二瓶教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?33b9

ページのトップへ