2018.09.10 Monday

本学教員らの学術論文が、英国王立化学会発行Nanoscale誌のHOT Articleとして選出

本学理学部第一部 応用化学科 根岸 雄一教授らの学術論文が、英国王立化学会発行Nanoscale誌のHOT Articleとして選出されました。この研究では、根岸教授らは、独自に確立した精密原子凝集技術を駆使することで、ヘテロな構造をもつ合金ナノ集合体(合金ナノクラスター)を原子精度にて精密に合成することに成功しました。さらに、同教授らは、そうして得られた合金ナノクラスターは、ナノ整流器やナノ双極子材料になり得ることを示唆する結果を得ました。そうした内容が編集部にて評価され、同誌のHOT Articleとして選出されました。なお、本論文は、同誌のBack Coverにも選出されています。

   
論文タイトル Hetero-biicosahedral [Au24Pd(PPh3)10(SC2H4Ph)5Cl2]+nanocluster: selective synthesis and optical and electrochemical properties
掲載論文 http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/nr/c8nr04078h#!divAbstract
Nanoscale HOT Article Collection hhttp://pubs.rsc.org/en/journals/articlecollectionlanding?sercode=nr&themeid=14c5c2f5-6355- 4a69-b9d2-cb911fc4e70d
選出日 : 2018年9月6日


英国王立化学会 Nanoscale:
http://pubs.rsc.org/en/journals/journalissues/nr#!recentarticles&adv

根岸研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/negishi/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?5825

ページのトップへ