2018.08.28 Tuesday

野田キャンパスで「生物多様性講座」を開催(8/22,23)

8月22日(水)~23日(木)、今年、日本生態系協会賞を受賞した野田キャンパスの理窓会記念自然公園で、「生物多様性講座」が行われ、本学理工学部 応用生物科学科の朽津 和幸教授(理工学研究科 農理工学際連携コース長 兼任)が講師を務めました。

本講座は、野田市の豊かな自然を大切にする取り組みの一環として、生物多様性への理解を深めてもらうことを目的に、同市南部梅郷公民館が主催したもので、二日間で市内の小・中学生と保護者約30名が参加しました。

参加者は理窓会記念自然公園を散策し、自然観察を行うとともに、採取した生物を、生物学の研究や学生実習で使われている高度な顕微鏡で観察するなど、普段できないようなさまざまな科学体験を行いました。

参加した男子生徒は、「顕微鏡で微生物がたくさん見られて嬉しかった」「自然公園の散策が楽しかった」と感想を語ってくれました。

朽津研究室のホームページ
研究室のページ:https://www.facebook.com/KuchitsuLab
朽津教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?32ee

 
 
 

ページのトップへ