2018.08.08 Wednesday

本学大学院生らが第72回セメント技術大会において優秀講演者賞を受賞

本学大学院生らが第72回セメント技術大会において優秀講演者賞を受賞しました。

受賞者 理工学研究科 土木工学専攻 博士後期課程1年 橋本 永手
指導教員 理工学部 土木工学科 教授 加藤 佳孝
発表題目 鉄筋の不動態皮膜が破壊するコンクリート細孔溶液中に存在する塩化物イオン濃度の評価
受賞内容 2018年5月に開催された第72回セメント技術大会において、①講演要旨のわかりやすさ②プレゼン資料の表現③発表の方法④時間配分の適切さ⑤発表時間⑥質問に対する回答の的確さ⑦発表態度⑧研究内容のレベルについて審査を受け、講演内容が優秀であったとして、優秀講演者賞を受けた。
受賞日 2018年8月1日
受賞者 理工学研究科 土木工学専攻 修士課程2年 村上 大介
指導教員 同上
発表題目 電気泳動試験中の電極消耗が供試体間電位差の低下に与える影響の把握
受賞内容 同上
受賞日 同上

一般社団法人セメント協会のページ:http://www.jcassoc.or.jp/index.html

加藤研究室
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/concrete/index.htm
加藤教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?5d73

ページのトップへ