2018.08.09 Thursday

本学大学院生が第43回錯体化学国際会議においてポスター賞を受賞

本学大学院生が第43回錯体化学国際会議においてポスター賞を受賞しました。

受賞者 薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程2年 宮澤 有哉
指導教員 薬学部 生命創薬科学科 教授 青木 伸
薬学部 生命創薬科学科 助教 嵯峨 裕
発表者 宮澤 有哉(同上)、Akib Bin Rahman(薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程1年)、今福 浩輝(薬学部 薬学科6年)、嵯峨 裕(同上)、青木 伸(同上)
受賞題目 Design and Synthesis of Supramolecular Phosphatases Mimicking an Active Center of Alkaline Phosphatase
受賞内容 2018年7月31~8月4日に仙台国際センターで開催された第43回錯体化学国際会議(43rd International Conference on Coordination Chemistry(ICCC2018))のシンポジウム59 (創薬および医科学のための配位化学)において行ったポスター発表が優秀であると認められ、出版社MDPIからポスター賞が授与された。
受賞日 2018年8月2日

ICCC2018組織委員会のページ:http://www.iccc2018.jp/

青木研究室
青木教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3f7d/
嵯峨助教のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6e78
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/aokilab/

ページのトップへ