2018.08.06 Monday

本学教員ら研究グループが作成したアイヌ語のデータベースを読売新聞が紹介

本学理学部第一部 教養学科 ブガエワ・アンナ准教授らの研究グループによるアイヌ語のデータベースを読売新聞(北海道版)が紹介しました。

ブガエワ准教授らの研究グループは、本来文字を持たないアイヌ語を日本語・英語に翻訳し、音声や文法解説を附したコーパスをインターネット上に開設したことで注目を集めています。これは民謡や神話などの口承文芸の記録を文字に起こし、訳文ならびに単語ごとの解釈を加えたもので、今春には音声記録を従来の2倍以上に増やすなどの拡充も図っています。

詳細は掲載紙をご覧ください。

■ 掲載紙
『読売新聞』(北海道版) 2018年7月30日付

ブガエワ研究室のページ
研究室ページ:http://tus.academia.edu/AnnaBugaeva
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6ce5

ページのトップへ