2018.07.27 Friday

本学教員の研究成果「マッスルスーツ®」を日刊工業新聞等が紹介

本学工学部機械工学科 小林宏教授、東京理科大学発ベンチャー企業(株)イノフィスが開発した「マッスルスーツ®」を日刊工業新聞等が紹介しました。

「マッスルスーツ®」は人工筋肉の動きによりモノやヒトを持ち上げる力を25キログラム程度引き上げることが可能で、背負うように装着することで腰への負担を抑えることができ、様々な医療・介護等の現場で導入されています。

記事では、(株)PALTEKと代理店契約を結び、「マッスルスーツ®」の販売を始めたことが紹介されています。

詳細は掲載紙をご覧ください。

■ 掲載紙
『日刊工業新聞』      2018年7月27日付
『フジサンケイビジネスアイ』2018年7月27日付
『電波新聞』        2018年7月27日付
『化学工業日報』      2018年7月30日付
『建設通信新聞』      2018年7月30日付
『日刊建設産業新聞』    2018年7月30日付

株式会社イノフィス:https://innophys.jp/

小林研究室
研究室のページ:http://kobalab.com/
小林教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1825

ページのトップへ