2018.06.05 Tuesday

葛飾区が主催する「葛飾菖蒲まつり」に本学の留学生が参加(6/3・開催報告)

2018年6月3日(日)、かねてより、葛飾区観光課から、「葛飾区にキャンパスを持つ東京理科大学の留学生に、地域の祭りなどの行事を紹介し、理解を深めた上で参加してもらうことを通じて、海外に葛飾の良さをアピールすることに繋げたい」旨の協力要請があり、今回これに応えるべく、2名の留学生が「葛飾菖蒲まつり」に参加することとなりました。

初めに葛飾区観光課の職員の方に葛飾区と菖蒲の歴史についての説明を受けました。留学生は説明に熱心に耳を傾け、質問も交えて、葛飾区と菖蒲の歴史について理解を深めました。

その後、葛飾菖蒲まつりの会場である「堀切菖蒲園」に移動し、オープニングセレモニーに参加した後、堀切菖蒲園の案内を受けました。

菖蒲の花が咲き乱れる園内では、野点による湯茶の接待が行われていて、実際に体験した留学生は亭主の所作の美しさに感銘を受けていました。

今回の体験参加は、葛飾区と菖蒲の歴史や日本の文化を実体験できる貴重な機会であったと留学生も大変満足した様子でした。

留学生参加の様子やその体験談は、葛飾区のウェブサイトでも発信される予定です。


葛飾区の職員から説明を受ける留学生

菖蒲の花

野点による湯茶接待を体験する留学生

葛飾区の職員と本学留学生

ページのトップへ