2018.06.04 Monday

本学大学院生が国際会議RISP NCSP'18においてStudent Paper Awardを受賞

本学大学院生が国際会議RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2018においてStudent Paper Awardを受賞しました。

受賞者 理工学研究科 電気工学専攻 修士課程2年(当時) 松田 勇介
指導教員 理工学部 電気電子情報工学科 教授 楳田 洋太郎
受賞題目 Experimental Evaluation of Hybrid PWM/DPAM Dimming Control Method for Digital Color Shift Keying using RGB-LED Array
受賞内容 2018年3月4-7日米国ハワイで開催された国際会議RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2018において、理工学研究科 電気工学専攻 修士課程2年(当時) 松田 勇介君の「Experimental Evaluation of Hybrid PWM/DPAM Dimming Control Method for Digital Color Shift Keying using RGB-LED Array」に関する発表がStudent Paper Awardを受賞しました。
受賞日 2018年3月7日

国際会議RISPのページ:http://www.risp.jp/NCSP18/index.html

楳田研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?4d13
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/umedalab/

 

ページのトップへ