2018.05.30 Wednesday

近代科学資料館企画展『身近な数学 ~数学教育の100年~』を開催(6/23~)

本学近代科学資料館では、企画展『身近な数学 ~数学教育の100年~』を開催します。
詳細はチラシ(PDF)をご覧ください。

開催趣旨 100年前の日本は、欧米で広まっていた数学教育改造運動をとりいれようとした大正デモクラシーの時代でした。 その頃日本中等教育数学会(日本数学教育学会の前身)が創立され新しい数学教育の普及に大きな役割を果たしてきました。 その第100回全国算数・数学教育研究(東京)大会が8月に東京理科大学を中心に行われます。 数学者・文化史家でもある小倉金之助は、「科學の精神-少なくとも數學的な見方、考へ方、取り扱ひ方-を、廣く行きわたらせたい」と唱え、研究会で中心的活動を行っていました。
本企画展では、小倉金之助の唱えた数学教育を中心に、江戸の和算から身のまわりの現象の中の数学を展示します。
開催期間 2018年6月23日(土)~8月10日(金) 10:00~16:00 (日曜日・月曜日・祝日は休館)
会場及び入場料 東京理科大学 近代科学資料館 2階企画展示室
JR総武線「飯田橋」西口徒歩4分 地下鉄「飯田橋」B3出口徒歩3分
入館無料
※キャンパスマップはこちら
主催 東京理科大学 近代科学資料館
展示協力 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校/お茶の水女子大学理系女性教育開発共同機構/日本数学教育学会/日本数学史学会/早稲田大学図書館/東京理科大学数学教育研究会
関連イベント 6月26日(火) 13:00~14:30 講演「小倉金之助の生涯とその時代」【事前申込制】申込みはこちら
     講演者:阿部博行先生
      会場:PORTA神楽坂 第3会議室
8月2日(木) 全国算数・数学教育研究(東京)大会 創立百周年記念式典【事前申込制】準備中
    イベント 和算講座「江戸時代初期の冬至の計算」
      会場:東京ビッグサイト
8月4日(土) 和算を調べよう(高校生による和算研究発表)【見学自由】
      会場:近代科学資料館2F
お問い合わせ 近代科学資料館 03-5228-8224
http://www.tus.ac.jp/info/setubi/museum/main/event.html


▲クリックで拡大します

ページのトップへ