2018.05.28 Monday

薬学部 医療薬学教育研究支援センター キックオフセミナーを開催(5/26・開催報告)

5月26日(土)に本学神楽坂キャンパスにおいて、薬学部 医療薬学教育研究支援センター(SCCPER) キックオフセミナー を実施しました。

本学薬学部は、薬剤師の生涯学習・学位取得を支援、また在学生の実務教育・国家試験対策を支援することを目的とし、医療薬学教育研究支援センター(以下「センター」という。)を設置しました。今般、センターが本格稼働するにあたり、各方面からセンターに寄せられる期待等を集約するとともに、センターが今後取り組むべき課題の一つであるレギュラトリーサイエンスなどについて議論を行うことを目的に、キックオフセミナーを開催しました

キックオフセミナーでは、本山和夫理事長、松本洋一郎学長の挨拶に続き、第一部として、礒濵洋一郎 医療薬学教育研究支援センター長より、医療薬学教育研究支援センターの紹介を行った後、石井甲一 日本薬剤師会 副会長、磯部総一郎 厚生労働省医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課長より、「本センターに寄せる期待」として、ご講演をいただきました。
第二部では、近藤悠希 熊本大学薬学部 助教より「薬局薬剤師の視点から行う医療薬学研究 ‐きっかけは1症例‐」、鹿野真弓 本学薬学部 教授より「東京理科大学の医薬品医療機器レギュラトリーサイエンスの展望」の講演が行われ、その後、近藤達也 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)理事長より、「本センターに寄せる期待」としてご講演をいただきました。セミナー終了後の意見交換会においても、豊島聡 日本薬剤師研修センター理事長より本センターに対する期待のお言葉を頂戴するとともに、多数の参加者の皆様と貴重な意見交換を行うことができました。

センターでは今後、行政機関、医療機関、製薬企業などのご協力をいただき、連携を拡げていくことで、実務実習の質の向上、臨床薬学研究の強化及び本学出身の薬剤師の生涯学習と社会人博士の学位取得支援を行っていくようにいたします。

センターの詳細は以下をご覧ください。

医療薬学教育研究支援センターHP:http://www.ps.noda.tus.ac.jp/yakugakubu/sccper/index.html

薬学部HP:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/fac/yaku/

 
 
   

ページのトップへ