2018.05.24 Thursday

東京理科大学・国立がん研究センター合同シンポジウム 「ハイパーアシスト医療 -ヒトの技を超えた能力で医療をアシストする-」を開催 (4/27・開催報告)

4月27日(土)、国立がん研究センター築地キャンパスにて、東京理科大学・国立がん研究センター合同シンポジウム「ハイパーアシスト医療」を開催しました。当日は、本学及びがんセンターの研究者の他、学生やメディア関係者等を含め125名の方々にご参加いただきました。

シンポジウムでは、医理工連携による今後の医療機器開発及び医療技術の発展等について講演が行われた後、パネルディスカッションでは「ハイパーアシスト医療を語ろう」というテーマの基、活発な意見交換が実施されました。


▲クリックで拡大します

ページのトップへ