2018.05.10 Thursday

本学教員が『Newton』の特集記事「身近な"?"の科学」に協力

サイエンス雑誌『Newton』(2018年5月号)に本学研究推進機構 総合研究院の松原 美之教授が協力した特集記事が掲載されています。
この特集は『「身近な"?"の科学」【消火器】 どうやって火を消す? なぜ点検が必要?』というテーマで、普段は見ることのできない消火器の内部構造を図を用いてわかりやすく解説しています。

消火器には、可燃物の成分と反応させ燃焼反応を止める「粉末タイプの消火器」、水分による冷却や可燃物を泡でおおって酸素を遮断し消火させる「泡タイプの消火器」、二酸化炭素などのガスを照射し周囲のガス濃度を高め、火と酸素を反応しづらくさせることで消火することができる「ガスタイプの消火器」の3種類のタイプが存在し、それぞれのメリットやデメリットなどが紹介されています。

詳細は同誌をご覧ください。

■掲載雑誌
・『Newton』5月号 2018年3月26日発売
 「身近な"?"の科学 消火器」
 http://www.newtonpress.co.jp/newton/back/bk_201805.html

松原教授のページ
http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?69e4

ページのトップへ