2018.05.02 Wednesday

本学国際化推進機構の取り組みを日本経済新聞が紹介

本学国際化推進機構の「世界の理科大」を目指した取り組みを日本経済新聞「グローバル時代をひらく」が紹介しました。

国際化推進機構は若手研究者の国際学会での発表や留学、海外の有力研究者の招請などを進めています。記事では、本学理学部第一部応用化学科 工藤昭彦教授の研究室に所属する、国際学会で発表を行った学生が紹介され、岡村総一郎機構長は「東京理科大学の研究水準は国内の私立大学でトップクラスで、高い研究力を生かして海外の大学とつながるのが、東京理科大らしいやり方です。」とコメントしています。

詳細は掲載紙をご覧ください。

■ 掲載紙
『日本経済新聞』 2018年5月2日付 朝刊

国際化推進機構:http://www.tus.ac.jp/education/international/index.html

工藤研究室
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/kudolab/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?21f4

ページのトップへ