2018.04.12 Thursday

本学大学院生が日本機械学会関東支部においてBest Presentation Awardを受賞

本学大学院生が日本機械学会関東支部においてBest Presentation Awardを受賞しました。

受賞者 工学研究科 機械工学専攻 修士課程1年 和田 拓也
指導教員 工学部 機械工学科 教授 山本 誠
受賞題目 UPACS を用いたファン動翼防氷技術のフィージビリティ調査
受賞内容 本研究は、ジェットエンジンへの着氷を防止するために提案された改良型ファン動翼の耐着氷特性を数値シミュレーションにより明らかにしたものである。オリジナル翼および改良翼における着氷現象が再現され、両者を比較することにより、改良翼の着氷に対する優位性が示された。この研究発表に対して、講演内容、発表態度、適切な質疑応答などが高く評価され、BPA賞が贈られた。
受賞日 2018年3月16日

日本機械学会 関東支部:https://www.jsme.or.jp/kt/

山本研究室
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~yamamoto/indexj.html
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1699

ページのトップへ