2018.02.26 Monday

本学卒業生らの研究成果がアメリカ化学会において「日本における注目の研究 (ACS Publications Research Highlights from Japan)」として紹介

本学総合化学研究科卒業生 松岡 雄介さん、本学理学部第一部化学科 斎藤 慎一教授らのインターロック化合物の合成とその物性に関する論文が、アメリカ化学会において「日本における注目の研究(有機/無機化学) (ACS Publications Research Highlights from Japan, Organic/Inorganic)」として紹介されました。

掲載URL こちら("ORGANIC/INORGANIC" をクリック)
論文タイトル Synthesis and Shuttling Behavior of [2]Rotaxanes with a Pyrrole Moiety
掲載論文 http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.joc.5b02911

アメリカ化学会(American Chemical Society)のページ:https://www.acs.org/content/acs/en.html


斎藤研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3b52
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/sslab/

ページのトップへ