2018.02.22 Thursday

本学教員が2017年度日本建築学会大会学術講演会 において若手優秀発表賞を受賞

本学教員が2017年度日本建築学会大会学術講演会において若手優秀発表賞を受賞しました。

受賞者 理工学部 建築学科 助教 片桐 悠自
受賞題目 アルド・ロッシの類推概念における宗教的イメージ 論考「見えない距離」における伊勢神宮のイメージ論の分析
受賞内容 2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会(8月31日 - 9月3日)建築歴史・意匠部門における若手研究者等の優れた発表を対象として、発表登録時に29歳以下、筆頭著者として口頭発表を行った者に授与される。
受賞日 2017年12月22日

2017年度日本建築学会大会
http://taikai.aij.or.jp/2017/index.html

大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6e68

ページのトップへ