2018.02.15 Thursday

本学学生がThe 34th International Japan-Korea Seminar on CeramicsにおいてBest Poster Presentation Awardを受賞

本学学生がThe 34th International Japan-Korea Seminar on CeramicsにおいてBest Poster Presentation Awardを受賞しました。

受賞者 理学部第一部 応用物理学科 4年 松田 大樹
指導教員 理学部第一部 応用物理学科 教授 齋藤 智彦
受賞題目 A Variable Emissivity Radiator with Metal-Insulator Transition Material for Spacecraft
受賞内容 宇宙空間では、日向は熱く、日陰は寒い、あるいは太陽近傍では熱く、外惑星付近では寒い、というように、熱環境の変動幅が大きい。従って宇宙機には大きな熱変動に対応できる熱制御システムが不可欠であるが、積載重量や省電力の観点から、温度に応じて熱放射率を電力なしに自律的に変化させられる放射率可変ラジエータが、一つの理想形である。近年、Mn酸化物を利用したそのような「放射率可変素子」が宇宙研で開発され、「はやぶさ」にも搭載されたが、性能には改善の余地があった。そこで現在、宇宙研-理科大-上智大の共同研究により性能向上の試みが続けられている。松田大樹君はこのプロジェクトに参加して様々な候補試料について放射率を測定し、プロトタイプを超えるものを見出しつつある。この研究成果とpresentationの優秀さが認められて、受賞につながった。
受賞日 2017年11月24日

The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramicsのページ:https://wwp.shizuoka.ac.jp/jkceramics34/

齋藤研究室
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~tsaitohg/
齋藤教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3b40

ページのトップへ