2018.01.10 Wednesday

本学教員らのPerspectiveが、アメリカ物理学会発行APL Materials誌にてFeaturedとして選出

本学理学部第一部 応用化学科 根岸 雄一教授らのPerspective論文が、アメリカ物理学会発行APL Materials誌にてFeaturedとして選出されました。近年では、極微細な金属原子の集合体(金属ナノクラスター)を原子精度にて精密に合成することが可能になってきています。そうした金属ナノクラスターは、他物質との間で配位子や金属原子などの交換を行いますが、その反応メカニズムの詳細についてはあまり明らかにはなってはいませんでした。根岸教授らは、自身らの研究成果も含めて、これらの化学反応における最近の知見を、物理系雑誌であるAPL MaterialsのPerspectiveにて纏めました。そうした内容が編集部にて評価され、同誌のFeaturedとして選出されました。

論文タイトル Perspective: Exchange reactions in thiolate-protected metal clusters
掲載論文 http://aip.scitation.org/doi/full/10.1063/1.4978373
選出日 2017年12月15日

アメリカ物理学会 APL Materials:http://aip.scitation.org/journal/apm

根岸研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/negishi/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?5825

ページのトップへ