2017.12.26 Tuesday

本学大学院生がALC'17においてStudent Awardを受賞

本学大学院生が11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '17においてStudent Awardを受賞されました。

受賞者 理学研究科 物理学専攻 修士課程2年 四本松 康太
指導教員 理学部第一部 物理学科 教授 本間 芳和 
発表題目 Elementary Excitation of Secondary Electron in Graphene on Nickel
受賞内容 本賞は、日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会が主催するSymposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devicesでの学生発表者に対して授与されるもので、2017年12月にハワイ・カウアイ島で開催された11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '17において発表した当該論文が優秀と認められ、受賞した。
受賞日 2017年 12月4日

11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '17のページ:https://alc.surf.nuqe.nagoya-u.ac.jp/alc17/

本間研究室
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/homlab/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?33a1

 

ページのトップへ