2017.12.22 Friday

本学教員らが開発した細胞分泌粒子を高感度で検出する手法について日経産業新聞が紹介

本学基礎工学部 材料工学科 菊池 明彦教授、基礎工学部 材料工学科 石原 量助教らと理化学研究所との共同研究成果である、細胞分泌粒子を高感度で検出する手法の開発について日経産業新聞が紹介しました。

研究チームは、チップ上の流路に細胞分泌粒子を含む溶液を流した後に、蛍光の物質などを流し、その蛍光の強さで細胞分泌粒子を検出する手法の開発に成功しました。

この手法は、がんやC型肝炎の目印になるとされる細胞分泌粒子を血液などの少量の液体から簡便に短時間で検出する診断技術として、実用化が期待されています。

詳細は掲載紙をご覧ください。

■掲載紙
『日経産業新聞』 2017年12月22日付

菊池研究室
研究室のページ:http://kikuchilab.com/home/
菊池教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1393
石原助教のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?696e

ページのトップへ