2017.12.25 Monday

本学教員らの論文がThieme出版社News Articleに紹介

本学 理工学部 先端化学科 准教授 坂井 教郎、理工学部 先端化学科 助教 荻原 陽平、理工学研究科 先端化学専攻 修士1年 前田 大夢の論文が、 Thieme出版社のNews Articleで紹介されました。

本論文は、これまであまり注目されていなかったジシラチアンという分子が、化学的に重要なジアリールスルフィドの合成過程で、硫黄源として機能することを見出した初めての報告です。

掲載論文
"Copper-Catalyzed Production of Diaryl Sulfides Using Aryl Iodides and a Disilathiane"
Y. Ogiwara, H. Maeda, N. Sakai Synlett誌 2018年掲載予定
https://www.thieme-connect.com/products/ejournals/abstract/10.1055/s-0036-1591723

Thieme出版社
https://www.thieme.de/en/thieme-chemistry/news-archiv-2017-108545.htm(研究紹介_見出しページ)
https://www.thieme.de/en/thieme-chemistry/use-of-hexamethyldisilathiane-for-the-synthesis-of-diaryl-sulfides-122471.htm(研究紹介ページ)

坂井研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.tus.ac.jp/sakaigroup/site/Home.html
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?33e0
荻原助教のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?69c1

ページのトップへ