2017.11.15 Wednesday

本学教員ら研究グループによる「ペルセウス座銀河団」元素組成の研究について日刊工業新聞が紹介

本学理学部第一部物理学科 松下恭子教授やメリーランド大学らの研究グループは、X線天文衛星「ひとみ」に搭載した軟X線分光検出器(SXS)によって、近傍で最大の銀河団「ペルセウス座銀河団」中心部の元素組成比が太陽と同じであることを発見したと、日刊工業新聞が紹介しました。

銀河団の高温ガスの化学組成を調べることで、現在の宇宙の平均的な化学組成を調べることができます。研究グループは太陽系から2億4000万光年離れたペルセウス座銀河団に着目し、同銀河団の精密なX線分光によって、銀河団中心部の高温ガスに含まれるケイ素やマンガン、鉄、ニッケルなどの元素比すべてが太陽と同じであることを明らかにしました。従来、銀河団の高温ガスの元素組成比は太陽のそれとは異なると言われており、これを覆す結果です。

詳細は掲載紙をご覧ください。

■掲載紙
『日刊工業新聞』 2017年11月15日付朝刊

■プレスリリース:http://www.tus.ac.jp/today/20171113004.pdf

宇宙航空研究開発機構(JAXA)サイト:http://www.jaxa.jp/

松下研究室
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3f97

ページのトップへ