2017.10.10 Tuesday

本学大学院生が第66回高分子討論会において優秀ポスター賞を受賞

本学大学院生が第66回高分子討論会において優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞者 基礎工学研究科 材料工学専攻 修士課程2年 池戸 佑衣
指導教員 基礎工学部 材料工学科 教授 菊池 明彦
基礎工学部 材料工学科 助教 石原 量
大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 准教授 麻生 隆彬
受賞題目 骨再生のための生分解性コアセルベート液滴からなるピッカリングエマルションの調製
受賞内容 生分解性の温度応答性高分子にコアセルベート液滴を形成させ、無機粒子を付着させることでピッカリングエマルションを調製した。本材料の物性解析に関する研究を2017年9月20日〜22日に愛媛大学で開催された第66回高分子討論会において発表を行った。表記ポスター発表について、予行原稿に対する一次審査、当日のポスター発表に対する二次審査を経て選考委員会において審議の結果、優秀ポスター賞の授与が決定した。なお、本研究は大阪大学麻生隆彬准教授、本学大学院博士課程2年小松周平氏との共同研究の成果である。
受賞日 2017年9月29日

高分子学会のページ:http://main.spsj.or.jp/

菊池研究室
菊池教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1393
石原助教のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?696e
研究室のページ:http://kikuchilab.com/home/

ページのトップへ