2017.08.30 Wednesday

葛飾キャンパスで複合材料に関する特別講義を開催

8月28日(月)に、東京理科大学葛飾キャンパスで、アラブ首長国連邦 カリファ大学 宇宙航空研究開発センター(ARIC)のWesley Cantwell先生の特別講義が行われ、本学の学生約80人が参加しました。

Wesley Cantwell先生は複合材料(特に航空宇宙分野の構造)の製造・評価の第一人者で、多くの企業との共同研究を行っており、早くから金属3Dプリンタを用いた軽量構造の開発も行っています。

講演で、Wesley Cantwell先生は、アラブ首長国連邦での複合材料研究や宇宙航空産業の最新の取り組みについて説明し、参加した工学部機械工学科4年および工学研究科機械工学専攻の学生は、「宇宙における複合材料の最新の研究内容を聞くことができ、非常に有意義でした。ぜひ今後の研究に生かしていきたいと思います」と感想を語ってくれました。

 

ページのトップへ