2017.07.24 Monday

本学大学院生がCORPES17においてBest Poster Awardsを受賞

本学大学院生がCORPES17においてBest Poster Awardsを受賞しました。

受賞者 理学研究科 応用物理学専攻 修士課程1年 渡邉 真莉
指導教員 理学部第一部 応用物理学科 教授 齋藤 智彦
受賞内容 2H-NbSe2は、室温から温度を下げていくと金属から電荷密度波転移、さらに下げると超伝導転移を起こす、複雑な物質です。本発表は、このような複雑な物質に対してパルスレーザーを照射したときにごく短時間生じる非平衡状態において、物質がどのような性質を示すか、について、時間分解角度分解光電子分光という実験手法を用いて行った研究についてのものです。59の一般ポスターから、研究者・学生を問わず5つのポスターが選ばれ、そのうちの1つとなりました。
受賞題目 Photo-induced transient electronic states of 2H-NbSe2 observed by time-resolved photemission spectroscopy
受賞日 平成29年7月7日

CORPES17のページ:http://www.hsrc.hiroshima-u.ac.jp/CORPES17/

齋藤研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3b40
研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~tsaitohg/

20170724200.jpg

ページのトップへ