2017.07.20 Thursday

本学大学院生が一般財団法人丸文財団 国際交流助成を獲得

本学大学院生が、第33回欧州表面科学会(ECOSS33)における研究成果発表に対し、一般財団法人丸文財団の国際交流助成を獲得しました。

助成対象者 理工学研究科 先端化学専攻 修士課程2年 鶴田 諒平
指導教員 理工学部 先端化学科 講師 中山 泰生
助成テーマ Epitaxial Growth of Fullerene on the Organic Single Crystal
助成理由 第33回欧州表面科学会(ECOSS33)に採択された当該学生の研究発表テーマ「Epitaxial Growth of Fullerene on the Organic Single Crystal」が、当該研究助成金の趣旨に相応しいものと認められたため。
採択日 2017年6月21日

一般財団法人 丸文財団のページ:http://www.marubun-zaidan.jp/

中山研究室のページ
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6b37
研究室のページ:http://www.rs.tus.ac.jp/oml/index.html

ページのトップへ