2017.06.16 Friday

本学大学院生がiPoPS 2017においてThe Best Poster Presentation Awardを受賞

本学大学院生がThe 5th International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2017 (iPoPS 2017)においてThe Best Poster Presentation Awardを受賞しました。

受賞者 薬学研究科 薬科学専攻 修士課程2年 加藤 萌
指導教員 薬学部 生命創薬科学科 教授 青木 伸
受賞内容 糖鎖は、生体内で重要な役割を果たしており、その選択的かつ大量合成が課題となっている。本発表では、新たな糖鎖合成を目指したチオグリコシド供与体の設計と合成、グリコシル化反応などを報告し、評価された。
受賞題目 Synthesis of Thioglycoside-based Molecular Units for Oligosaccharide Synthesis
(発表者:Mebae Kato, Taiki Itoh, Hidehisa Someya, Shin Aoki(Poster presentation)
受賞日 2017年5月18日

iPoPS 2017のページ:http://www.ipopsuitm.com/

青木研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3f7d
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~aokilab/

ページのトップへ