2017.06.16 Friday

本学教員らの論文が日本薬学会Chemical and Pharmaceutical Bulletin誌のHighlighted Paper Selected by Editor-in-Chiefに選定

本学教員らの論文が日本薬学会Chemical and Pharmaceutical Bulletin誌の65巻6号(2017年)のHighlighted paper selected by editor-in-chiefに選定されました。

受賞者 薬学部 生命創薬科学科 教授 青木 伸
薬学部 生命創薬科学科 田中 智博 博士(ポストドクトラル研究員、現在野口研究所研究員)
論文タイトル (論文)Concise and Versatile Synthesis of Sulfoquinovosyl Acyl Glycerol Derivatives for Biological Applications
(著者)Tomohiro Tanaka, Yasuhiro Sawamoto and Shin Aoki
発表誌 Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2017, 65 (6), 566-572 (DOI: org/10.1248/cpb.c17-00135)

日本薬学会Chemical and Pharmaceutical Bulletin誌のページ:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/cpb

青木研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3f7d
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~aokilab/

野口研究所のページ:http://www.noguchi.or.jp/

ページのトップへ