2017.05.10 Wednesday

本学教員が国際会議International Conference for Leading and Young Computer Scientists 2017(IC-LYCS2017)においてBest Presentation Awardを受賞

本学教員が国際会議International Conference for Leading and Young Computer Scientists 2017(IC-LYCS2017)においてBest Presentation Awardを受賞しました。

受賞者 理工学部 情報科学科 教授 明石 重男
受賞内容 沖縄県宜野湾市において開催された国際会議IC-LYCS2017における基調講演に対して、Best Presentation Awardが授与されました。この賞は、本国際会議で発表された研究成果の中から、優秀と評価されたものに対して与えられるもので、明石教授は、フィッシング詐欺の原因となるDHCPspoofingというネットワーク犯罪に対する防御策であるDHCPsnoopingという技術が、既存技術であるDHCPリレーエージェント機能と整合性を有していないこと、つまりクライアントから離れた外部ネットワークにDHCPサーバが存在する場合には、この防御策が有効に機能しないことを指摘し、さらに管理者レベルで実行可能な犯罪の検知対策について解説したものです。
受賞題目 Mathematics-oriented skills which may be abused for cybercrimes related to the networking systems
受賞日 2017年2月27日
授賞団体 Asia Pacific Society for Computing and Information Technology

Asia Pacific Society for Computing and Information Technologyのページ:http://www.apscit.org/

明石研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1107

20170509001.jpg

ページのトップへ