2017.05.08 Monday

本学大学院生が日本薬学会第137年会において優秀発表者賞を受賞

本学大学院生が日本薬学会第137年会において優秀発表者賞(口頭発表の部・ポスター発表の部)を受賞しました。

優秀発表者賞(口頭発表の部)

受賞者 薬学研究科 薬学専攻 博士課程2年 中村 武浩
指導教員 薬学部 薬学科 教授 鍜冶 利幸
受賞内容 血管内皮細胞の増殖は血管病変の進展防御に重要である。その機構解明を有機-無機ハイブリッド分子を用いて行ったバイオオルガノメタリクス研究が「熱意に溢れ分かりやすく且つ学術上注目すべき内容を有しており将来の発展が期待される」として受賞に至った。
受賞題目 血管内皮細胞の増殖機能解析への有機-無機ハイブリッド分子の応用

優秀発表者賞(ポスター発表の部)

受賞者 薬学研究科 薬科学専攻 修士課程2年 南島 治
指導教員 薬学部 生命創薬科学科 准教授 秋本 和憲
受賞内容 ALDH1陽性乳癌幹細胞におけるPKCλ/ι依存的な糖代謝機構について顕著な業績をあげた。
受賞題目 ALDH1陽性乳癌幹細胞におけるPKCλ/ι依存的な糖代謝機構の解析

※学生、教員の所属・学年は発表当時(2017年3月)のものです。

日本薬学会のページ:http://www.pharm.or.jp/

鍜冶研究室のページ
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6347
研究室のページ:http://www.rs.tus.ac.jp/kaji-lab/

秋本研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6655

201705080005.jpg 201705080001.jpg

ページのトップへ