2017.04.19 Wednesday

本学教員の著作紹介 「生物はウイルスが進化させた~巨大ウイルスが語る新たな生命像~」

本学理学部第一部 教養学科 武村政春教授の著書『生物はウイルスが進化させた~巨大ウイルスが語る新たな生命像~』(講談社(ブルーバックス))が出版されました。

全国の書店にてお買い求めください。

201704190001.jpg 武村政春(著)
出版社:講談社(ブルーバックス)
ISBN 978-4-06-502010-4
定価:980円(税別)
刊行日:2017年4月20日

講談社ホームページ: http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784065020104


(以下、講談社ホームページより抜粋)
生命への見方ががらりと変わる!
進化とは何か?
ウイルスはそれにどう関わったか?
そして生命とは?
「常識が覆る快感」を味わう、極上の生命科学ミステリー。

巨大ウイルスが引き起こす「コペルニクス的転回」!
数十億年前、いま最も注目を集めるあるウイルスの祖先が誕生した。
ヒトや細菌とは遺伝的系統を異にする彼らが、私たちの〈共通祖先〉に感染し、生物の発展・繁栄に不可欠なDNAや細胞核をもたらした!?
そして、その子孫たる「巨大ウイルス」が明らかにする、生命と進化の知られざるからくりとは?
日本初の巨大ウイルス=トーキョーウイルスの発見者が語る、生物進化のアナザーヒストリー。

ページのトップへ