2017.04.21 Friday

本学研究員が第3回総研大科学者賞を受賞

本学研究員が第3回総研大科学者賞を受賞しました。

受賞者 研究推進機構 総合研究院 プロジェクト研究員 荒木 光典
受賞内容 本研究者はこれまで、宇宙の化学組成である"地球外有機物"を明らかにすべく研究を行ってきた。地球外有機物は、原始地球において生命の誕生の元となった物質であり、その解明は人間の根本的興味に応えることができる。その検出と同定には、分光実験と天文観測の両方が必須である。本研究者は、分光実験として、可視光領域のCavity Ring Down 分光とマイクロ波分光を行ってきた。そして、天文観測として、国内外の電波望遠鏡を用いた宇宙電波観測を行ってきた。その結果、60種以上の地球外有機物を実験室および星間空間で測定・検出してきた。
受賞題目 地球外有機物に迫る分光実験と天文観測
受賞日 2017年4月11日

築山研究室のページ:http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tsukilab/

201704210005.jpg

ページのトップへ