2017.04.19 Wednesday

本学教員が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞

本学教員が平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞しました。

この表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とするものです。
その中でも科学技術賞 開発部門は我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与する画期的な研究開発若しくは発明であって、現に利活用されているものを行った個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人に与えられます。

受賞者 工学部 電気工学科 教授 河原 尊之
竹村 理一郎(日立製作所)
大野 英男(東北大学)
受賞テーマ STT-RAM大容量化回路技術に関する先駆的研究開発
業績 STT方式(スピン偏極電流で書換え)が持つ微細化ポテンシャルを活かした必須のメモリ(RAM)用回路技術を他に先駆けて開発し、大容量不揮発RAMの製品化への道筋を切り拓いたことが評価された。開発した技術は、その後の世界中の研究開発の基準となった。
この成果は、IoT・携帯機器やパソコン、深層学習や広く人工知能(AI)用サーバなどを大幅に低電力化できることに寄与して行く。
授賞式 2017年4月19日

文部科学省のプレス発表ページ:
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1384228.htm

河原研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?69ac


表彰式の様子

写真右は共同受賞者の竹村氏

ページのトップへ