2017.03.16 Thursday

本学教員らの論文がJournal of Materials Chemistry B誌にBack Cover (裏表紙)として掲載

本学基礎工学部 材料工学科 上村真生助教、曽我公平教授らの、生体内深部の微小領域の温度を測定するための近赤外蛍光ナノ温度イメージングに関する論文が、英国王立化学会発行のJournal of Materials Chemistry B誌にBack Cover (裏表紙)として掲載されました。

論文タイトル Ratiometric near-infrared fluorescence nanothermometry in the OTN-NIR (NIR II/III) biological window based on rare-earth doped β-NaYF4 nanoparticles
掲載日 2017年3月8日

掲載論文:http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2017/tb/c7tb00070g#!divAbstract
掲載誌:http://www.rsc.org/journals-books-databases/about-journals/journal-of-materials-chemistry-b/

曽我研究室のページ
上村助教のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?696d
大学公式ページ:http://sogalabo.jp/jp/

2017031600001.jpg
カバー絵

ページのトップへ