2017.02.27 Monday

本学副学長の著作紹介 『生物の「安定」と「不安定」』

本学浅島誠副学長の著書『生物の「安定」と「不安定」』(NHK出版刊)が2016年12月24日に出版されました。

本書の内容は以下の通りです。
ゲノム編集をはじめ生命をめぐる技術は猛烈に進歩する一方、唯一の生存空間である地球環境は好転しない。今こそ「生きていること」の本質を理解し「自然誌」の視点を取り戻すとき──。日本の発生学をリードしてきた著者が、生命科学の基礎から最前線までを簡潔に解説。命の精妙さと意外な危うさを解明する力作!(NHK出版ホームページより)

全国の書店にてお買い求めください。



浅島誠 (著)
出版社: NHK出版刊
発売日: 2016年12月24日
ISBN 978-4-14-091243-0
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
エピローグ
ゲノムからタンパク質までの情報の流れ
卵から親への設計図
細胞間の相互作用
個体の恒常性を支えているもの
老化と寿命を考える
ナチュラル・ヒストリーから考える

ページのトップへ