2016.11.22 Tuesday

平成28年度文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に採択

本学はこのたび、文部科学省による平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました。
「私立大学研究ブランディング事業」は、学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学等に対し、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援する事業です。

本事業では、本学の叡智を結集し、医療・生命科学や環境・エネルギー分野で活用される材料について、その特性向上と機能発現の根底にある表面・界面における水の挙動を体系的に理解・制御し、産業界のニーズに応える世界初の学際研究拠点の形成を目指します。
また、研究成果は国内外の学術界や産業界に広く伝達し、材料表面・界面の水の研究と言えば東京理科大学と国際的にも認識される「世界の理科大」への発展を目指します。

事業名:材料表面・界面における水の学際研究拠点の形成

本拠点は、①材料開発班(ナノからマイクロメートルスケールの分子設計に基づく機能性材料創製を専門とする研究者)、②計測分析班(材料表面における水の吸着、濡れ、流れの計測と分析を専門とする研究者)、③理論設計班(水の吸着、濡れ、流れをシミュレートし、材料開発班への設計指針を提供する研究者)という3つの機能の連合体として構成し、産業界や学術界のニーズを把握しながらこれらの三位一体の連携体制により、材料表面・界面における水の新たな学理の創成と材料開発への応用を目指します。(下図参照)

(事業計画書はこちら)

【参考】
「私立大学研究ブランディング事業」の詳細は、文部科学省ホームページをご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002/002/1379675.htm

ページのトップへ