2016.09.02 Friday

平成28年台風10号により被害を受けた学生・保証人の皆様へ

掲載:2016年9月2日
更新:2016年9月28日

台風10号により被災されました方々には、心からお見舞い申し上げます。

被災により被害を受けた学生・保証人の皆様におかれましては、相談窓口を下記の通り設けました。本学でも被害状況確認を行っているところですが、被害があった場合はご連絡いただきたくお願いいたします。

1、相談窓口

キャンパス 担当課 電話番号
神楽坂キャンパス 学生課(神楽坂) 03-5228-8127
野田キャンパス 学生支援課(野田) 04-7122-9145
葛飾キャンパス 学生支援課(葛飾) 03-5876-1781
長万部キャンパス 長万部事務課(学務係)

01377-2-5111

2、災害救助法適用地域(平成28年8月30日適用)

北海道 帯広市、空知郡南富良野町、河東郡音更町、河東郡士幌町、河東郡上士幌町、河東郡鹿追町、上川郡新得町、上川郡清水町、河西郡芽室町、河西郡中札内村、河西郡更別村、広尾郡大樹町、広尾郡広尾町、中川郡幕別町、中川郡池田町、中川郡豊頃町、中川郡本別町、足寄郡足寄町、足寄郡陸別町、十勝郡浦幌町
岩手県 盛岡市、宮古市、久慈市、遠野市、釜石市、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡田野畑村、下閉伊郡普代村、九戸郡軽米町、九戸郡野田村、二戸郡一戸町

3、学費等減免制度の対象者
平成28年熊本地震により、災害救助法が適用された地域で被災された在学生及びその家計支持者で、下記被災状況1及び2に該当する者
 <被災状況1>
  1.主たる家計支持者が死亡又は高度障害を負った場合
  2.本人又は同一生計を営む家族の居住する家屋が倒壊、焼失又は床上浸水し、その半分以上が使用不能となった場合
  3.主たる家計支持者が自営業又は農業に従事し、工場、店舗、田畑、作物等に甚大な被害があった場合
  4.その他上記に相当する被害があると学校法人東京理科大学が認めた場合
 <被災状況2>
  被災状況1のいずれにも該当しないが、被害により学費の支弁が相当困難であると学校法人東京理科大学が判断した場合

4、支援内容
学費の全額またはその一部を免除
※被災内容に応じて本学が決定いたします。

5、学費等減免制度の申請に必要な書類
 (1)東京理科大学 経済的支援措置申請書(PDF)
 (2)平成27年分の収入を証明するもの(給与所得者:源泉徴収票 給与所得者以外:確定申告書)
 (3)罹災証明書(コピーを提出)※
   ※罹災証明書が間に合わない場合は、上記(1) (2)の書類にて申請を受け付けますので、後日ご提出ください。

6、申請書提出先
各地区学生課・学生支援課
※郵送の場合は、学生課(神楽坂)までお願いいたします。

7、JASSO支援金について
詳細は各地区学生課・学生支援課窓口へお問い合わせください。

 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1丁目3番地
 東京理科大学 神楽坂キャンパス 学生課
 TEL:03-5228-8127 FAX:03-3260-8191

<参考> 学校法人東京理科大学における自然災害被災学生に対する学費等減免に関する規程(抜粋)

以上

ページのトップへ