2016.03.15 Tuesday

平成27年度宇宙教育プログラム受講生 20名が修了

東京理科大学「宇宙教育プログラム」では、3月14日(月)に平成27年度の閉講式を行い、20名の受講生がプログラムを修了しました。

当日は、閉講式に先立ち、3月上旬に行ったパラボリックフライト実験(微小重力実験)の報告会及び講演が行われ、プログラム受講生に留まらず、聴講無料として本学学生、他大学学生、高校生、一般の方にも広く公開しました。

パラボリックフライト実験報告会は、本年度の受講生20名が6グループに分かれ、3月上旬に実施したパラボリックフライト実験で行った実験内容とその結果を報告しました。
また、講演会は、現在第一線で研究者・技術者として活躍されている3名の方を学外からお招きして、開催しました。

閉講式では、向井千秋副学長より、20名の受講生に修了証書が手渡されるとともに、今年度の総評が行われました。
また、パラボリックフライト実験報告会での結果を踏まえて、最優秀のグループに藤嶋賞を、2月中旬に行われたロケットシュミレーションの結果の上位3名に向井賞を授与しました。

宇宙教育プログラムは、次年度は他大学を含む大学学部生、高校生を対象に実施する予定です。
募集の詳細等については、4月上旬に以下のURLより、お知らせする予定です。

宇宙教育プログラムHP:https://www.tus.ac.jp/uc/

※本学の宇宙教育プログラムは、文部科学省の委託事業「宇宙航空科学技術推進委託費」により実施しているものです。

ページのトップへ