2016.02.29 Monday

グローバルサイエンスキャンパス成果発表会を開催

2月28日(日)、グローバルサイエンスキャンパス(GSC:※)の平成27年度成果発表会が神楽坂キャンパスで行われました。

GSCは、将来グローバルに活躍しうる傑出した科学技術人材を育成することを目的として、高い理数力を持つ高校生を対象に、基本的な論理性、思考力、分析力、発想力、表現力、課題発見・解決力の涵養を目指した教育を行うこととしており、 本学では特に、「数学」「情報」「物理」「化学」「生物」の5分野について、各分野の繋がりや関わりにも理解を深める「分野融合型の学習」を行うとともに、受講生の個性や思考を重視する「対話型学習」を重視した教育プログラムとなっています。

本年度は基礎コース62名の高校生が6月から日曜日を中心に、基礎コース(入門編)・(応用編)の講義を実施してきました。 また、2年目の発展コース20名は本学の研究室に配属され、研究課題に取り組み、9月には選抜された10名が海外研修でドイツ・キール大学内IPN研究所に赴き、ドイツの高校生と協同で実験等のプログラムを実施しました。

2月28日(日)の成果発表会では、受講生による口頭発表12組15名、ポスター発表20件があり、外部評価委員、教育委員会の方、高等学校教員が視察し、本学GSC教育実施委員がそれぞれの発表を評価しました。 発表者への質問も活発に行われ、1年間の活動を締めくくる成果発表会となりました。また受講生の保護者の見学も多数ありました。今年度は3月13日の修了式をもってプログラムを終え、来年度も基礎コース(入門編・応用編)と発展コースが実施される予定です。

GSCの詳細は、以下のURLをご覧ください。
http://www.tus.ac.jp/gsc/

※GSCは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「グローバルサイエンスキャンパス」委託事業です。

ページのトップへ