2015.08.24 Monday

JST主催「さくらサイエンスプラン」 中国から高校生26名が本学に来校

8月21日(金)、中国からの高校生26人が野田キャンパスに来校しました。

これは、科学技術振機構(JST)が主催する「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」(「さくらサイエンスプラン」)の一環として、優秀なアジアの青少年が日本を短期に訪問し、未来を担うアジアと日本の青少年が科学技術の分野で交流を深めることを目指しており、日本の教育機関の一つとして、本学を見学することとなりました。

午前中には、井手本理工学部副学部長による歓迎挨拶の後、本学の紹介、光触媒国際研究センター紹介及び見学が行われました。
本学の留学生も交えた昼食交流会をはさんだ午後には、辻本国際火災科学研究科長による講演「東京理科大学と火災安全工学」が行われた後、火災科学研究センター実験棟の見学も行われるなど、有意義な見学となったようです。

 201508240001.jpg
 井出本理工学部副学部長の歓迎挨拶
 201508240002.jpg
 光触媒国際研究センター前での集合写真
 201508240003.jpg
 辻本国際火災科学研究科長による講演
 201508240004.jpg
 火災科学研究センター実験棟の見学

ページのトップへ