2015.08.24 Monday

平成27年度宇宙航空科学技術推進委託費に採択

本学はこのたび、文部科学省による平成27年度宇宙航空科学技術推進委託費に採択されました。

宇宙航空科学技術推進委託費は、宇宙分野の裾野拡大を目的に平成21年度に創設され、研究開発や人材育成を通じて宇宙航空分野の裾野拡大を図るために公募されたものです。
テーマは(1)宇宙人材育成プログラム、(2)宇宙研究拠点形成プログラム、(3)宇宙利用促進プログラム、(4)航空人材育成プログラムに区分されており、本学は「宇宙人材育成プログラム」として採択されています。

【宇宙人材育成プログラム 概要】
国際社会における我が国のプレゼンス向上・競争力強化や宇宙開発利用における人的基盤の強化等の観点から、大学生、高校生等を対象として、国際的なフィールドでの宇宙科学技術の研究開発、実践的な手法によるサイエンスコミュニケーション等を通じて、国の枠を超えたスケールでの宇宙開発利用に携わる次世代の育成を目指す。

採択課題 最先端宇宙科学技術の本物体験で学ぶ「宇宙教育プログラム」の開発
研究代表者 向井 千秋(本学副学長)
採択課題の概要 「本物の知識」「本物の技術」「本物の体験」「本物との交流」を軸として、大学生を対象に講義プログラム、体験実習プログラムの受講にて知識と技術を修得し、宇宙関連施設の訪問、現地での実験、微小重力体験等を通じて体験し、宇宙飛行士や宇宙関連の研究者、技術者の講演や関連学会に参加して交流を行います。
これらの本物体験を通じて宇宙科学技術を理解し、教育現場においてその魅力を広く発信して生徒の興味の醸成を促すことのできる理科教員と、宇宙開発・宇宙産業の将来を担う研究者・技術者を育成することを目的としています。
終了予定年度 平成29年度

※本事業の詳細は、以下の文部科学省ホームページをご覧ください。
平成27年度宇宙航空科学技術推進委託費の採択課題の決定について

ページのトップへ