2014.12.16 Tuesday

本学大学院生がIWNMD2014においてExcellent Presentation Awardを受賞

本学大学院生が3rd International Workshop on Nano and Microstructure Design(IWNMD2014)においてExcellent Presentation Awardを受賞しました。

受賞者 理工学研究科 工業化学専攻 修士課程2年 榎 修平
指導教員 理工学部 工業化学科 講師 藤本 憲次郎
理工学部 工業化学科 助教 山口 祐貴
受賞内容 リチウムイオン二次電池正極材の新物質を探索するため、候補材料のひとつであるオリビン型複合酸化物に着目した。リン酸鉄リチウム(LiFePO4)のFeサイトを他元素置換した同型化合物の合成条件を調査するため、コンビナトリアル高速材料探索技術を活用し、作成した反応図が今後の材料探索に大きく貢献できることが評価された。
発表題目 Reaction phase diagrams of olyvine-type Li(Fe,Mn,Co)PO4
受賞日 2014年11月5日

無機材料研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/iflab/index.htm
藤本講師のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?29ac
山口助教のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?5be5

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ