2014.06.24 Tuesday

本学教員がプロジェクトに加わっている衛星「ほどよし3号、4号」の画像が公開

内閣府のFIRSTプログラムで東京大学が開発した「ほどよし3号、4号」の打ち上げが6月19日(日本時間20日)、ロシア・ヤスネ打ち上げ場で、ドニエプル・ロケットにより行われました。

東京理科大学 理工学部 電気電子情報工学科の木村研究室もこのプロジェクトに加わっており、本衛星について、搭載計算機、小型カメラ、植生観測カメラ等様々な搭載機器を開発しました。このたび小型カメラが無事動作を開始し、「ワイドアングルカメラによるファーストライトに成功」として掲載され、プロジェクトのFacebookでも同画像が公開されております。

木村研究室では宇宙システムとロボットを主な対象にして、システム技術・自律制御技術などに取り組み、宇宙航空研究開発機構などと協力して宇宙用超小型カメラの開発を行っています。

ほどよし3号、4号プロジェクトのFacebook
https://www.facebook.com/hodoyoshisat?ref=stream

木村研究室のページ
研究室のページ:http://www.kimura-lab.net/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?52d7

ページのトップへ