2013.12.17 Tuesday

平成26年度以降における学費取扱の変更について

平成26年度以降の学費取り扱いについて、以下のとおり変更しますのでお知らせいたします。変更の対象となる学生は平成26年度以降に在籍する全学生(学部生・大学院生・専攻科生)となります。

1.施設設備費が分納化されます

これまで前期分の一部として一括納入して頂いていた施設設備費が分納可能となります。今後は授業料同様に前期分・後期分と分割納入して頂きます。

変更前
平成25年度まで
納入費目
前期分 授業料
(前期分)
施設設備費
(年額)
実験実習費
(前期)
学生傷害
共済補償費(年額)
父母会費(年額)
※学部生のみ
後期分 授業料
(後期分)
- 実験実習費
(後期)
- -
変更後
平成26年度より
納入費目
前期分 授業料
(前期分)
施設設備費
(前期分)
実験実習費
(前期分)
学生傷害
共済補償費(年額)
父母会費(年額)
※学部生のみ
後期分 授業料
(後期分)
施設設備費
(後期分)
実験実習費
(後期)
- -

2.学生傷害共済補償費(保険料)の金額が改定となります

学生傷害補償制度の拡充に伴い、平成26年度より以下のとおり保険料を改定いたします。

学部・専攻科 変更前
平成25年度まで
変更後
平成26年度より
理学部第一部
工学部第一部
薬学部
理工学部
基礎工学部
経営学部
1,400円 2,280円
理学部第二部
工学部第二部
理学専攻科
850円 1,730円

大学院 変更前
平成25年度まで
変更後
平成26年度より
全研究科 1,400円 2,280円


 今回の改定は補償範囲の拡大を目的とし、従来の補償に加え以下の保険にご加入頂きます。
・個人賠償責任保険:学生自身の責任により、第三者へ損害を与えてしまった場合
  (例)自転車等の事故や学生の不注意により、相手に怪我をさせてしまった場合の補償
・生産物賠償責任保険:製造したものが原因となり第三者の身体、財産等に損害を与えてしまった場合
  (例)実験教室等で作成したスライムを子供が誤飲してしまった場合の補償
個人賠償責任保険、生産物賠償責任保険に追加加入することにより、学生生活で想定される事故等についても拡充して補償されることになります。
※補償制度の具体的な内容については、後日改めてご案内いたします。

■参考
東京理科大学学生傷害補償制度の概要について(掲載内容は平成25年度までの補償内容です)
http://www.tus.ac.jp/life/support/insuranc/insuranc.html

学費の納入について
http://www.tus.ac.jp/life/procedure/expenses.html

■お問い合わせ先
東京理科大学 経理課
〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL:03-5876-1731 FAX:03-5876-1626

以上

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ