2013.05.22 Wednesday

本学教員らが平成24年度材料技術研究協会論文賞を受賞

本学教員らが平成24年度材料技術研究協会論文賞を受賞しました。

受賞者 理工学部 工業化学科 教授 湯浅 真
理工学部 工業化学科 講師 近藤剛史
理工学研究科 工業化学専攻 修士課程修了生 森 大輔
理工学研究科 工業化学専攻 修士課程修了生 荒木太郎
理工学研究科 工業化学専攻 修士課程修了生 池尻貴宏
理工学研究科 工業化学専攻 修士課程修了生 山下達也
受賞内容 本論文では、導電性高分子系の構築として、超臨界二酸化炭素環境でのPEDOT系、キレート重合法によるコバルト/ポリピロール系等を精密合成し、 特に、コバルト/ポリピロール担持炭素系において白金代替PEFCカソード触媒の可能性等について論じています。審査の結果、材料の科学と技術の進歩発展に貢献する優秀なものと認められました。
発表題目 湯浅 真、近藤剛史、森 大輔、荒木太郎、池尻貴宏、山下達也
「白金代替PEFCカソード触媒を目指した導電性高分子系の構築に関する研究」
受賞日 2013年 4月27日

主催団体 材料技術研究協会ホームページ
http://www.zaigi.org/

湯浅・近藤研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~yuasalab/home.htm
大学公式ページ(湯浅教授):http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?583a
大学公式ページ(近藤講師):http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?43bc

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ