2012.08.23 Thursday

本学学生が能代宇宙イベント缶サット協議会ランバック部門で1位を獲得

本学学生が2012年8月18日、能代宇宙イベント競技会における能代宇宙イベント缶サット競技会に出場し、1位を獲得しました。

受賞者 東京理科大学 木村研究室 ヘリカルKSC
指導教員 理工学部 電気電子情報工学科 教授 木村真一
受賞内容 能代宇宙イベントは日本最大規模の学生/社会人によるロケット打上及び自律ロボット制御のアマチュア大会であり、能代宇宙イベント協議会の主催、秋田大学、大学宇宙工学コンソーシアムなど6団体の共催、内閣官房宇宙開発戦略本部、経済産業省、文部科学省など18団体の後援により秋田県能代市で毎年行われている。この中で開催される、缶サットと呼ばれる自律制御型のロボットを気球から落下し、地上走行により目的地を目指すランバック競技に、本学学生が出場し1位を獲得した。
受賞日 2012年8月18日
主催団体 能代宇宙イベント協議会

能代宇宙イベント協議会ホームページ
http://www.noshiro-space-event.org/index.html

木村研究室ホームページ
研究室のページ:http://www.kimura-lab.net/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?52d7

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ