2011.02.18 Friday

こどもえほん館開館記念講演会を開催(2/17・開催報告)

本学は2月17日(木)に、森戸記念館において「坊っちゃんとマドンナちゃんのこどもえほん館」開館記念講演会を開催しました。

今回の開館記念講演会には、「からすのパンやさん」や「だるまちゃんとてんぐちゃん」など約500点もの作品を発表された絵本作家で児童文学者、工学博士でもあるかこさとし先生をお招きし開催され、当日は近隣のお子様や保護者の方を対象に多数の方にご参加いただきました。

講演会では、藤嶋学長が「かこさとし先生と科学の絵本『太陽と光しょくばいものがたり』を書いて」をテーマに講演を行い、財団法人神奈川科学技術アカデミーのご協力のもと、光触媒の実験も行なわれました。
続いて、かこ先生から「子どものあそび・こどもの絵本」をテーマに、「石けり遊び」や「へのへのもへじ」といった子どもの身近な遊びから見えてくる子どもたちの想像力(創造力)・発想力の豊かさについて、また、絵本の「文字」と「絵」の情報をこどもはどのように解釈し理解しているかについてご講演いただき、講演の終わりには、かこ先生が絵本作家を目指されたエピソードについてもお話いただきました。

講演後には、サイン会を行い、講演会に参加された方々は長い列を作られ、かこ先生とのささやかな交流をとても楽しまれた様子でした。
今回の講演会は、アットホームで温もりに満ち溢れた会となり、大変盛会のうちに終了いたしました。

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ